社会

日本での食糧危機も近い?

昨日、ヨーロッパ産のシラスウナギ(うなぎ稚魚)の中国・日本向け輸出が規制された記事が出ていた。このほぼ全量は日本へスーパーの鰻蒲焼として発売されている。
今日、ロシア政府は、生タラバ蟹の輸出を禁止する法令を発行した。元々違法操業と違法輸出が多かったが、今度は冷凍になって輸出されるだけだから輸入量はあまり変わらないのかもしれないが、国内でゆでられたタラバ蟹の多くがロシア漁船から持ち込まれたものだから、もう美味しいタラバ蟹にはめぐり合えそうにない(漁場がロシア側にしかないらしい)。

続きを読む

大気の不安定

今日は金曜日だが、今週は地球環境の深刻化を非常に痛感させられる一週間だった。今年はじめての猛暑日を記録したとおもったら翌日は、洪水になるのではないかと思うほどの大雨で、前日比で15度も気温が下がった。その後は、また非常に暖かい陽気な天気であった。

続きを読む

新興市場の株式相場

新興市場の株式市場が少しづつ戻ってきている。だいたいの会社は、5月21日が最安値となって、反発している。このようなチャートとなることは、多くの人たちが予想していたとおりだ。
新興市場にはIT関連銘柄や、それらを武器に既存のビジネスモデルを強化した会社が多いが、今年3月末に決算を迎える会社は監査法人から一様にして「ソフトウェア関連の資産はほとんど償却してください。のれん代は完全償却してください。持株の評価は最小価値としての評価しか認めません」の攻めにあい、本来の事業の業績ではない部分で評価損をだされることを知っていたからだ。

続きを読む

日本の昨年(2006年)の国際収支が19兆8390億円の黒字

貿易収支は、2年連続で減少し9兆4596億円となった。
これは貿易が縮小して現地生産をするメーカが多くなっているからである。特に自動車輸出などが好調で14・3%増の71兆6178億円と過去最高を記録している。
原油高によって、燃費が良いとされる日本車に国際的な人気の高まりがあるからだ。

続きを読む

ツナの缶詰が1缶2000円でバーゲン?

アルゴア米国前副大統領の「不都合な真実」が話題になっているが、そうした不都合はあまり報道されない。

しかし、そうした不都合は着実に歩みつつあり、残念なから元に戻れるポイント「Point of return」は通過してしまって、もう取り返しがつかなくなってしまっていることが、視野を世界に広げてみると非常に強く感じる。

続きを読む

トヨタのレクサス戦略は成功するのか

Lexus

いつもはW221のほうが多いのに、今朝は駅近くで3台ものLS460を発見し、いっぷう変わった朝となった。
自動車雑誌などで「レクサスは成功するのか」と書かれているが、私は間違いなく成功したブランドになると確信している。トヨタのマーケティング能力は非常に高いと感じる。

続きを読む

明治神宮に初詣いってみた

明治神宮の歴史を先日初めて知ったので、行ってみたくなり、初詣というか観光気分でいってみた。午後3時くらいだということで、もうあんまり混んでおらず、婦警さんの「おさないで順序良く参拝を・・」という声をイヤになるほど聞くということなしに参拝できた。

続きを読む

ストックオプションに関する最高裁判決

外資系企業に勤務しストックオプションをもらっていた友人らが、平成14年に税務署より急に「一時所得ではなく給与所得なので、過去3年分も差額の税金を支払いなさい」ということで、加算税を言い渡されていた。
なかでも、3年間で2億円以上のストックオプションをもらっていた友人のO氏は、即座に1億円を納税せよと言われ、実際、彼は銀座と六本木ですべて飲んでしまっていて残っていなかった。

続きを読む

日本はなぜ「日本」というのか

天皇家に新たなお世継ぎが誕生なさった。これは純粋な気持ちで日本国民として祝福の気持ちでいっぱいである。ところで、天皇ってなぜ天皇と呼ぶのか。
そしてなぜ日本は日本と呼ぶのか。日本は、日の昇る国とされているのは、国民として知っている。
しかし、日本から日本人がみて日が昇るのは太平洋からなのになぜそうなのかまで知ってる人は意外に少ないのではないだろうか?

続きを読む

ライブドアグループの粉飾決算事件は、なぜいま起きたのか・・

ホリエモンも前日までのんきにブログを書き込んでいたということから、彼にとってはまさに「想定外」なことだったらしい。しかし、私は1年前から役員によるインサイダー取引疑惑および粉飾決算にて、証券等取引委員会がヒアリングに回っていることは聞いていたし、そのことを同社の元役員がベラベラしゃべっているということも複数ルートから耳にしていた。

続きを読む