XOOPSによる実験サイトを制作

自分の会社でCMSを発売している。データ格納はXMLで、コンテンツ制御はXSLTというアーキテクチャで2001年に発売したものだ。
しかし、最近売れないのでなぜだろうかと私自身がマーケティングを行ったところ、LinuxのCMSがかなり出回っており、しかもGPL(無償)だったりすることがわかってきた。
(当社のソリューションは1000万円)


XOOPSを利用してアーキテクチャ的には古さを感じさせるものの、
・開発者に高度なスキルを要求しない点
・CMSの構築・運用が開発技術のない者でも実現可能な点
・多種多様なモジュールが多くの人たちによって提供されている点
などに非常に大きな感銘と、今後のソフトウェア開発のあるべき姿について深く、深く考えさせられることとなった。
いまからずいぶんと前、1989年に16ビットパソコン用(FM-TOWNS)のGNU CD-ROMを作ったときのことを思い出した。人々の夢と英知の集結は、仕事として行うことを上回るということだろうか。

モバイルバージョンを終了