渋谷区文化総合センター大和田が完成。渋谷にプラネタリウムが復活

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

渋谷駅近くからプラネタリウムがなくなって8年。旧大和田小学校跡地(東急セルリアンタワー裏手)に、「渋谷区文化総合センター大和田」が長年の工事期間を経てオープンとなり、本日内覧会が行われたので見学をしにいった。(自宅にほぼ隣接している施設であり、徒歩0分なのですごく気になっていた)



【渋谷区文化総合センター大和田】のフロア図
区民向け施設として、12階建ての立派な施設として竣工。内装は、セルリアンタワーばりの高級な雰囲気で、トイレはセルリアンタワー同様に木目調。とても区民施設とは思えない重厚で高級な雰囲気。エレベータも同様に高級感たっぷり。エレベータの天井照明はみたことがない照度が均一になるタイプのものでした。
施設として、「プラネタリウム」「ファッション関連イベント施設」「多用途ホール(階段状観客席)」「さくらホール(クラッシック向け2フロアホール/階段状観客席)」「子供向け科学体験センター」「図書館(含む学習スペース)」「体育館」「保育園」「区民健康センター」があり、健康センターは夜間22時までやっているため近隣住民としてはとてもうれしい。渋谷区医師会所属の看護専門学校も同じ桜丘町からこの施設へ移転のようだ。


1Fには、「イタリア料理店」「うなぎ専門店」といった飲食が入り、吹き抜けになっているLB階には、「歯科」「薬局」も入るようで、まだ工事中であった。

12階の「プラネタリウム」は、どの席からも天井が良く見渡せるようなリクライニングシートで、これまた質感のよいシートであった。コニカミノルタのGEMINISTAR3が採用されており、席数からしてType Sという15,000個の恒星を映し出す装置のようだ。「はやぶさ」に関する予告映像を6分程みたが、「3D??」と思うほどの迫力の映像で、良く通ってしまいそうだ。
11階、10階と会議室のようなものが延々と続いていて時間貸しをするらしい。発表会などにも活用できそうなので、今度、うちの会社でも応募して借りることにしようと感じた。

6階の「伝承ホール」。どんな施設かとおもったら、お稽古ごとの発表会などに活用したり、渋谷らしく文化を伝えるための多目的ホールとしての活用が考えられているらしい。観客席に、畳による着座席があり、年配者にも配慮されているという珍しい座席がふんだんにあった。



収容人数もたっぷりだ。

4階の「さくらホール」。クロークも備え、2フロア吹き抜けの本格的なクラッシックに耐える大ホールだ。



当日は、ベートーベン第9のデモ演奏が行われていた。関係者でごったがえしていた。音響はかなりよさそうで、今後が楽しみだ。
同じフロアには楽器の練習室も4つ5つ程あった。

ロビー階から4階の「さくらホール」まではエスカレータでいくことができる。

3階の「こども科学センター・ハチラボ」。


科学実験などを通じて、科学の楽しさを子供の頃から体験することができる施設となるらしい。日本は科学振興がなければ、外貨を稼ぐことができないので、このような施設は大歓迎だ。

木工工作室もあった。工作の楽しみを子供の頃から知ることができるようにするのだろうか。

2階の「区民学習センター・こもれび大和田図書館」


「こもれび大和田図書館」では、蔵書52,000冊を用意するらしい。雑誌も推定60冊あり、バックナンバーもふんだんに用意されそう。新聞も10紙ほどとられ、アーカイブされるようだ。


学習デスクが用意され、個別の電気スタンド、AC電源も用意され学習やパソコンの持ち込みもできそうだ。この周辺ではLivedoor wirelessが利用できるので、WiFi環境もよさそうだ。
同じフロアの「区民学習センター」には、「料理教室」「パソコン教室」「工作教室(陶芸室付)」のほか、学習塾でもやるのかと思えるような教室が2つあった。

1階には、「区民健康センター」があり、健康診断や予防接種を受けることができるようだ。夜間診療も夜22時まで受け付けるらしい。


高級感をふれる受付。ここは本当に区民施設なのだろうか?!
X線検査はもちろん、CT室やマンモグラフィー室もあり、私が加入して受診しているバブル全開の民間の健康保険組合の検診センターよりも施設がいいのではないだろうか・・?!

地下には、「多目的アリーナ」があり、行ってみると、「体育館」があった。

撮影はしなかったが広い「更衣室」には、綺麗な洗面台(3つ)と、シャワーが用意されていた。
また、全フロアには「多目的トイレ」が用意され、お年寄りやハンディのある方にはとてもやさしい施設となっている。地下には、多目的トイレに加えて、ハンディのある方向けのシャワー施設もあり、自宅の近隣にこうしたものができたのであれば、あと何年もここに住んで、この施設を使わなくてはと感じてしまった。
また、この渋谷区文化総合センター大和田が完成したことに伴い、桜丘町の桜並木道路の歩道が大幅に拡幅工事され、綺麗なタイル張りの歩道となった。ハチ公バスの「ゆうやけこやけルート」が、この施設完成に伴い、11月21日からルート変更されバス停ができるらしい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る